旅行へ行くなら覚えておきたい!宮古島観光三つの堪能ポイント

沖縄と言えば海!宮古島のビーチ

沖縄本島から飛行機で45分ほどの場所に位置する宮古島は、独特の地形と文化によって、沖縄県の中でも個性的な情緒にあふれた島になっています。今回は宮古島へ旅行すると特に楽しめる要素を、三つに絞って紹介いたします。まず、宮古島内にあるビーチについて紹介いたします。沖縄県内には大自然を満喫することができる数多くのビーチが存在していますが、宮古島もその例外ではありません。中でも有名なのが、宮古島市内から車で15分ほどの場所にある砂山ビーチです。海水浴場としても旅行者に人気が高いほか、砂浜にあるトンネル状の奇岩は、宮古島でしか堪能できない情緒を味わうことができます。その他、東洋一白い砂浜という異名も持っている与那覇前浜ビーチ、シュノーケリングが楽しめる吉野海岸もおすすめです。

島内から湧き出る温泉を満喫!宮古島の温泉施設

次に、宮古島内に存在する温泉スポットを紹介いたします。宮古島内には、島内に湧く天然の温泉を利用した宿泊施設が複数存在しています。中でも宮古空港から車で15分ほど移動した場所にあるシギラ黄金温泉は、海が見渡せる展望露天ぶろの他に、南国の植物に囲まれたジャングルプールやフィットネスジム、エステなどが楽しめる複合リラクゼーション施設として注目されています。なお、宮古島から湧き出る温泉はナトリウム塩化物温泉で、神経痛、筋肉痛、関節痛などに効果があります。

島特有の植物が魅力!宮古島のグルメ

最後に宮古島内で満喫できるグルメについて紹介いたします。宮古島内のグルメを語る上で欠かせないのが、島で栽培される多種多様なフルーツです。宮古島産のバナナ、パイナップル、メロンなどは、フルーツ本来の甘みをより堪能することが可能になっています。そしてアーウィン、キーツといった種類がある宮古島産のマンゴーは、宮古島に行ったことのない方でも興味のある方は多いのではないでしょうか?その他、ミネラルが豊富なもずくや海ぶどうなどの海産物、島らっきょうやなんこう(カボチャの一種)といった島の珍しい野菜も、堪能する価値ありです。

沖縄旅行を格安でいく方法の代表的なものは、格安航空会社のチケットを購入することです。サービスは大手のものより若干劣るものの格安で沖縄旅行に行くことができます。