これだけは知っておきたい!車検の基本情報について

車検は維持費の中でもお金がかかる

自動車を保有している人は皆、車検を受けなければなりません。車検は、あらゆる車の維持費の中で1番お金がかかるものになります。車検は、新車であれば3年に1回、それ以外は2年1回になります。車検の費用が高いため、できれば車検を受けずに車に乗りたいと考えている人もいるかもしれません。どの車であっても日本では必ず車検がありますので、車検を避けて通るわけにはいかないのです。もし、期限までに車検を受けなければ、罰金刑や懲役刑が下されます。

車検費用の内訳はどうなっている?

車検費用はどのような内訳になっているでしょうか?大きく分けると法定費用と車検費用に分かれます。法定費用とは、法律に定められた費用ですので、勝手に安くしたりすることはできません。内訳としては、自賠責保険費用、印紙代、重量税になります。これに対して、車検費用は、車検をしている会社の取り分になりますので、安くすることができます。1万円から2万円は、場所によって違ってくるのです。では、どこが1番安いでしょうか。

1番安いのはカー用品店

車検をしてくれるところは、ディーラーや整備工場、フランチャイズの車検工場、カー用品店、ガソリンスタンド等がありますが、その中で1番安いのは、カー用品店になります。ガソリンスタンドが1番安い地域もありますので、この2つが最安値を記録するでしょう。なぜそのように価格差があること言えば、車検について丁寧に行うかどうかの違いです。ディーラーが1番高いですが、点検パックなどに加入していれば、結果的に安く車検を受けることができます。

車検も2度目・3度目となると、「前回と同じでいいか」となりがちです。しかし、ディーラー・整備工場など、業者ごとに特徴を生かしたサービスを日々進化させています。ぜひ毎回合い見積もりを行いましょう。