漢字を上手に使って最高の名前を贈るための3選

漢字には一字一字に意味とイメージがあります

漢字は今から3300年以上前に中国で作られ、1600年以上前に日本に伝わりました。その成り立ちは、絵文字から発生したもの、漢字の組み合わせでできたものです。そのため一字一字に意味やイメージがあり、さまざまな思いが込められています。例えば、「笑」という字を使っていつも笑顔でいられるように、「海」や「空」を使って自然の雄大さやスケールの大きな子供にという思いを、漢字1字でストレートに表現できるのが漢字の良いところです。

漢字を組み合わせることでストーリーが生まれます

漢字には一文字でも意味がありますが、漢字を組み合わせることで、ストーリー性のある名前を作ることができます。たとえば、航海の「航」と希望の「希」で、勇気をもって前に進むイメージと、希望を忘れないで欲しいという親の思いを込めることができるのです。女の子の命名で、芽生(めい)と付ければ、可能性の芽を伸ばして、生き生きとした人生を送れるようにとなります。これは、二文字以上の漢字を組合わせることで、意味やイメージの世界観が広がり、ストーリー展開しながら、より具体的な思いを表現できるのです。

漢字の成り立ちと読み方の種類

漢字の成り立ちは諸説ありますが、大きくは5つのパターンになります。ものや動作の形や自然などを簡略化した絵文字、横線の上に印を付けた「上」とした記号化、太陽と月の組み合わせで「明」を意味した漢字の組み合わせ、河のように漢字の組み合わせに意味と音を表現したもの、そうして「己」のように言葉と音声が似ていたために転用され異なる意味を持つものがあります。また、読み方も音読み、訓読みがあり、ほかに名前専用の読み方として「名のり」があります。これら、漢字の成り立ちを調べて命名されることが賢明といえます。

姓名判断ならば、運勢の波を把握することができます。信頼できる占い師に依頼して、納得できる名前を子どもにつけてあげましょう。