見落とし厳禁!バイクカスタムで失敗しない重要ポイント

バイクに適合するカスタムパーツかどうか確認

バイクのカスタムパーツを選ぶ際には、バイクの形式に適合したパーツかどうかを確かめる必要がありますね。カスタムパーツは、それぞれのバイクに合わせた形状をしているため、形式が異なると装着できない場合が多いです。同じ銘柄のバイクであっても、年式によってはカスタムパーツが取り付けられないという事もあるため注意が必要ですね。できればバイクの形式番号を照会して、確実に適合するバイクパーツであるかを確かめておきましょう。

法律の条件を満たすカスタムパーツが必要

公道を走行できるバイクは、道路交通交通法など法律で定められた条件を満たすよう設計されています。しかしカスタムパーツを装着すると法律に違反し、公道の走行には不適切な可能性もあるため気をつけたいですね。例えばバイクのヘッドライトの色に関しての厳密な規定があり、白色やあるいは黄色が基本です。もしヘッドライトをパーツでカスタムした際に赤や青などの色がついていると違反に当たることから、十分に注意しましょう。

カスタムパーツの装着に求められる整備の知識や経験

バイクにカスタムパーツを取り付ける際には、ある程度の整備知識が必要になることがありますね。アクセサリー類には簡単に取り付けられるものもありますが、中にはバイクを分解しなければ装着できないカスタムパーツも珍しくありません。誤った装着方法では走行時に事故が発生する可能性も考えられるでしょう。そのため整備に関する詳しい知識や経験がないのであれば、プロのバイク整備士にカスタムパーツ装着を依頼した方がいいですね。

バイクのカスタムをお願いする時には、信頼のけるバイクショップの整備士などに相談を持ち掛けることが効果的です。